ドルロングは、保有するポジションがドルの買い持ち状態

ドルロングとは、保有するポジションがドルの買い持ち状態のことです。反対に、ドルの売り持ちになっている状態のことをドルショートといいます。ドルロングのロングは買い、ショートは売りを意味しています。

ポジションというのは、マーケット取引においての投資家ないしディーラーなどがどういった買い建て(買い越し)または売り建て(売り越し)を実施しているか、といったような持ち高状況のことを指します。その対象となりうる取引には、信用取引や先物・オプション取引、そして外国為替取引や商品先物取引(コモディティ)などがあります。

こうした取引を行うときには、どういった銘柄で、どのくらいの数量の買いもしくは売りの持ち高をつくり、どのようにしてリスク管理をしていくかというのが損益を決定する大きなカギとなるでしょう。

一般的に投資においては、安く買って後で高く売る、もしくは高く売っておいて後から安く買い戻すというのが基本です。投資のプロは、毎日のポジションをつくるタイミングであったり、つくったポジションに対しての利食いや損切りといったポイントを明確にすることを目的としてテクニカル分析の活用を効果的に行っています。

ドルロングのロングというのはロングポジションの略であり、買い持ちのポジションのことを指します。これは、通常「将来的に値上がりする」と判断された投資対象を買って、値上がりした時点で売ることで決済するという投資手法です。決済したときの差額が損益(プラスの場合は収益に、マイナスの場合は損失に)となります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ