内国通貨建てとは、外国通貨1単位に対しt自国の通貨がいくらになるかを示す方法のこと

内国通貨建てとは、外国通貨1単位に対し自国のものがいくらになるかを示す方法のことです。日本においては邦貨建てと呼ばれ、コンチネンタルタームとも言われます。日本およびアメリカ、スイスといったほとんどの主要国においてはこの方法を採用しています。

逆に、自国の通貨1単位に対して外国のものがいくらになるかというのを表す方法のことは、外国通貨建てと言います。英国やユーロ圏の国々、オーストラリアやニュージーランドなどが採用している方法です。ニューヨークタームとも言われます。

例えば、アメリカドル対円の為替レートを内国通貨建てで表示するとしたら、1アメリカドル=100円となります。これは、100円で1アメリカドルを交換できるという意味です。邦貨を外貨に換算するとしたら、外貨を邦貨で割るという計算式で求められます。

例えば、上記の例をつかって計算すると、1アメリカドル÷100円=0.01となり、1円=0.01アメリカドルというふうに換算することが可能です。反対に、外貨を邦貨に換算するには、邦貨を外貨で割るという計算式で求めることができます。

内国通貨建てと似た言葉に二重通貨建て債というのがあり、これは利払いと償還が違うもので実施される債券のことです。このうち元本の払い込み・利息の支払いがそれぞれ同じもので元本を償還するものが違うタイプをデュアル・カレンシー債と言い、また、元本の払い込み・償還が同じもので、利息を支払うものが違うというタイプをリバース・デュアル・カレンシー債と言います。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ