仲値とは、顧客が金融機関において外貨を売り買いするときの基準となるレート

仲値とは、TTMとも呼ばれ、顧客が金融機関において外国通貨(外貨)を売り買いするときの基準となるレートのことを言います。これは、金融機関の各営業日の午前10時前後に発表がなされるものであり、外国為替市場(インターバンク市場)の取引の実勢レートを基準および参考にして金融機関ごとに決められるのです。

このレートは、その後かなりの大きな為替変動がない限りは、その日一日中適用され続けることになります。もし、大きな為替変動があったとしたら変更が行われることもあるでしょう。

ちなみに、これは顧客向けの為替レートのことを言っています。電信売相場(TTS)と電信買相場(TTB)の真ん中値であり、電信売相場というのが顧客が円貨から外貨に換えるときに適用されるレートなのに対し、電信買相場というのは顧客が外貨から円貨に換えるときに適用されるレートです。

まとめると、下記のようになります。
・電信売相場=仲値+手数料
・電信買相場=仲値-手数料

インターバンク市場というのは、銀行間取引市場とも言われ、参加するのが銀行などといった金融機関に限定されているマーケットです。このマーケットには、大きくわけて、短期資金の貸し借りをする金融市場と、直物為替ないし先物為替といった取引をする外国為替市場の2つが存在します。

短期資金の貸し借りをする金融マーケットというと、日本においてはコール市場があり、日々の資金が過不足となることを調整する場となっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ