ニューヨークオプションカットの特徴と重要性

ニューヨークオプションカットとは、ニューヨーク市場における通貨オプションのカットオフタイムのことです。これは通貨オプションの権利を行使する最終的な締切となっています。現地時間での10時に行われるものですが、時差の都合で日本では24時に行われます。

ただし気をつけなければならないこととして、サマータイム適用期間では1時間早く訪れることがあります。時差の影響で日付が変わる時間と分かりやすくなっていますが、時期によっては違うことがあるので注意が必要です。

通貨オプションは、特定通貨をあらかじめ決められた期間に決められた価格で買う・売る権利のことです。もともとニューヨーク市場では、このオプション行使が活発に取引されています。そのためニューヨークオプションカットを基準に、売買が活発になって市場が大きく動くこともあります。

ときには思いがけない動きを見せるため、この時間が近づくにつれてチェックの重要性は向上していきます。ニューヨーク市場自体も予測が付きにくいという性質を持っていますが、ニューヨークオプションカットによって、その傾向はさらに強くなります。

買ったものの価値を高いままにしたいという思惑と、売った側はそうならないようにしたいという思惑があるため、気づいたときには価値が大きく変動していたということが起こり得ます。値動きがとても敏感になるため、短期的な相場予測をする際には欠かせない要素となっているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ