ヒストリカル・ロールオーバーとはどんな方法なのかを知ろう

ヒストリカル・ロールオーバーとは、為替取引などにおいてポジションの保有期日を延長することです。その際には過去に取り決められたレートをそのまま使い、損失の先送りができるようになります。本来は売買成立後2営業日後に決済日となるわけですが、繰り延べを行うことによって成立します。

貿易などで荷物の到着が遅れることによって、決済日を繰り延べることはあります。そもそも商品が届かなければ、購入する側も納得できないからです。このようにやむを得ない理由で行われる子とならともかく、本来だとヒストリカル・ロールオーバーは、好ましくないものと考えられています。

そもそも損失の先送りが問題視されて禁止されていることなので、一般的に行われるものではないのです。原則として禁止されていますが、完全に止められているわけではないのが、むずかしいところです。しかも法律の抜け穴を利用しているため、違法というわけではありません。特に先物取引においては慣行と言えるほどになっています。

しかし誰もが行っているわけではなく、先送りにはできるもののリスクが肥大する可能性もあるため、ある程度の知識や経験を持った人が行うものとなっています。

為替取引には、さまざまな手法があります。すべてを使いこなすことはむずかしいのですが、その中で臨機応変に対応できれば、多くの利益を出せるようになります。ヒストリカル・ロールオーバーも、そんな取引方法のテクニックとして知られています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ