フォレックスという言葉には多くの意味があります

フォレックスとは外国為替のことですが、正式名称は「Foreign Exchange」となっており、この言葉の略称のことを指します。この頭文字だけを取ったものとしてFXがあり、一般的にはこちらの名前の方が広く知られています。ただしこちらの場合は、単純に外国為替という意味ではなく、外国為替証拠金取引が正式な名前です。

言葉の意味としてだけ考えれば同じものなのですが、実際に知られている意味とは異なります。以前は外貨法という法律により取引に制限がかかっていたフォレックスですが、現在は完全に自由化されています。

さらにはインターネットが発達したことによって情報がすぐに集められ、取引自体も簡単にできるようになったため、多くの人が活用しているのです。ちなみにこの言葉自体には、国際間の貸借を現金の輸送を行わずに決済するために行われる信用決済手段としての意味もあります。

異なる2つの通貨を交換するということですが、それにもさまざまな方法があります。海外貿易における輸出予約・輸入予約、外貨両替、海外への送金や海外からの送金、外貨預金などもあります。前述した外国為替証拠金取引なども含まれているわけです。

フォレックスという言葉自体には、さまざまな意味が含まれているため、さまざまな場面で使えます。しかしそれぞれの分野で別な名称として定着しているため、この言葉自体はそれほど有名ではありませんが、社名として使われていることも多いので言葉自体の認知度は高めです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ