フォワードという外国為替取引方法の特徴について

金融関係におけるフォワードは、先物為替取引という意味で使われています。これは外国為替取引の一種で、売買契約をした日から2営業日以降に受け渡しが行われるというものです。原則として現物決済となっているため、受け渡しを行うためには100%相当額の資金が必要になります。

ちなみに同じような取引として、いわゆる先物と呼ばれているものもありますが、こちらは取引所を通じることや差金決済となること、証拠金が必要になるという特徴があります。フォワードが行われる理由として、将来の為替リスクと回避するために行うことや、持高調整手段があります。

あらかじめ決められた日や、一定期間後にあらかじめ定められた条件で受け渡しを行うため、後から変動することによる問題が起きないからです。安心感があることは特徴の一つですが、逆に利益を得られるチャンスだったとしても、あらかじめ決められた内容で受け渡しをする必要があるという側面も持っています。

確実ではありますが、突発的なチャンスを逃す可能性もあるわけです。しかし期間自体が短いため、極端なことが起きる可能性は低くなっています。
外国為替取引では、フォワード以外にも契約時点での取引となるスポットがあります。

基準となるのは2営業日以内なのか以降なのかというものですが、これらの方法を交差的に組み合わせていく為替スワップと呼ばれる手法もあるなど、為替取引にはさまざまな形態があるのです。うまく活用することによって、効果的に利益を出せるようになります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ