変動為替相場制は為替レーを固定せず市場における需要と供給によって変動させる制度

変動為替相場制は、英語ではfloating exchange rate systemと言います。外国為替市場で取引が行われるレート、つまり通貨の交換比率を一定の比率に固定せずに、市場における需要と供給によって自由なかたちで変動させる制度です。変動相場制またはフロート制とも言われています。

この制度においては、外国為替市場の需給でレートが決まります。外国為替の需給というのは、国際収支の影響によって変動するのです。1973年、主要先進国は変動為替相場制へと移り変わりました。また、1976年にキングストン合意によってこの制度が正式に承認されます。

この制度には問題点があります。この制度は国際収支のアンバランスを自動的に調整する機能を持つと考えられていました。例えば貿易収支が赤字に傾き過ぎると、ドル買いのニーズが増え、円安ドル高になっていくのです。

その結果、輸出が増えて輸入が減るので、貿易収支の赤字が解消されます。反対に貿易収支が黒字になると、ドル売りのニーズが増え、円高ドル安になっていきます。その結果、輸出が減って輸入が増えることで、貿易収支の黒字が解消されるのです。

しかし、資本取引が活発になって金利の差が相場に大きな影響を与える場合などは、必ずしも為替レートは経常収支をバランス良くする水準になるということはなく、かけ離れた水準になるという期間が続いていました。今の変動為替相場制はマーケットでレートを決めますが、通貨当局が市場介入をしてレートを操作する場合もあるので、完璧に自由なフロート制とは言えません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ