邦貨建てとは、外国通貨1単位に対し自国のものがいくらになるかを表示する方法

邦貨建てとは、通貨の交換比率、つまり為替相場の表示方法のひとつです。外国通貨1単位に対し自国のものがいくらになるかというのを表示する方法です。コンチネンタルターム、自国通貨建てとも呼ばれます。例えば、日本の場合は1ドル=100.00円というふうに表示されます。

ほかにも、多くの国がこういった表示方法を採っています。なお、邦貨建ての対義語は外国通貨建てで、これは1ユーロ=1.2000ドルというふうに自国の通貨1単位に対し外国の貨幣がいくらになるかというのを表す方法です。

邦貨建相場というのは外国為替相場を建てる方法のひとつで、海外通貨1単位に対して自国のものがいくらというふうに表示されるもののことですが、この言葉の対義語は受取勘定建相場です。自国のものの一定の額を基準にして、それに相当する外国の価額を表すでしょう。

邦貨建てや外国為替相場と関連する言葉で実効為替レートというものがあり、これは多くの国の通貨の取引が行われる外国為替市マーケットにおいて相対的な実力を図るための指標です。対象になるものすべてとの2種類のあいだのレートを貿易額などに対応させてウェート付けし算出したもののことで、国際決済銀行であったり各国の中央銀行であったりが集計および公表をしています。

そして、物価が変動することによっての影響が考慮されて調整された数値のことを実質実効為替レートといい、調整される前の値のことを名目実効為替レートと言います。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ