香港ドルは香港の法定通貨。マカオでも多く流通しています

香港ドルは香港の通貨です。ISO 4217におけるコードはHKDで、広東語で港紙とも言われています。セントが補助通貨単位であり、1ドルは100セントです。紙幣は香港金融管理局の監督下において、20ドル以上の紙幣は、香港上海銀行やスタンダードチャータード銀行および中国銀行の3つから発行されています。

通常表記されるときは、金額の前に$の記号をつけて「$1」、「$1.50」、「$1:50」などと表記されます。他の国の通貨ととくにわかりやすく区別しなければならないときは「HK$1:50」と表記され、銀行および両替商などの店頭を除いてはISOで決められているHKDの表記は、通常ほとんど使われることはありません。

ドルの現地での漢字表記は、「圓」です。また、10セントは「毫」と表記されます。ただし、書面語ではドルを「元」と記します。また、広東語においては「man マン」と呼び、漢字で「蚊」もしくは「鈫」と表記されるでしょう。

これは「文」に由来しています。以前、10セント以下の単位にて取引が実施されていた際は、セントを音訳し「仙」もしくは「先」と書かれていました。

香港ドルは香港の法定通貨です。しかし、中国大陸、主に深圳市、珠海市などの広東省の一部においても使えることが多々ありました。また、マカオにおいての流通量は、法定通貨であるマカオ・パタカを超えており、香港ドルによっての通貨代替が著しく進んでいます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ