優雅なる無視とは、為替相場の変動を通貨当局が静観することを指す

優雅なる無視とは、ビナイン・ネグレクトとも言われ、為替相場の変動を通貨当局が静観することを指します。

これは2002年から2004年のあいだに外国為替市場においてアメリカドル安が進みましたが、アメリカの通貨当局は強いドル政策を提唱しながらもドル下落には静観していたことに由来しており、その後も同様の状況の際に使用されている言葉です。

当時のアメリカでは、国際収支において赤字が継続していたにも関わらず国内経済の見方を優先させて、アメリカドルを防衛するような措置を特に講じませんでした。そして、黒字国であるヨーローパや日本などが対策を行うべきだとの姿勢を取って、為替相場が変動するのを市場に任せ事実上放置しました。これが優雅なる無視です。

優雅なる無視に関連の強い用語である外国為替市場は、外国為替取引が実施される場の総称であり、たいへんに効率の良いマーケットになっています。世界中どこであっても、同じ商品(つまり通貨)をいつでも売り買いすることができ、またメジャーカレンシーに関してはほとんど規制がなく、マーケットはとても合理的なおかつ公正と言えるでしょう。

外国の為替市場は、資金決済(受け渡し)の時期に関係して、直物市場(スポットマーケット)と先物市場(フォワードマーケット)の2種類に分けられます。普段テレビまたは新聞などのニュースで見たり聞いたりする為替レートは、インターバンクマーケットにおける直物市場のスポットレートのことを指しているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ