悪目買いは、相場が下がって売り人気が強い状態であるにもかかわらず買い注文を入れること

悪目買いは「あくめがい」と読み、英語では“Setback”と言います。「逆張り」という言い方もあります。これは株式市場用語であり、相場が下がって売り人気が強い状態であるにもかかわらず買い注文を入れることです。

業績が芳しくなくなって、回復の見込みが期待されていないような人気のない銘柄などを購入するときに使われる言葉です。悪いのをわかった上で買うということから、「悪目買い」といいます。

もっと下がるかもしれないといったような抵抗を多少は感じながらも、マーケットの売り人気に逆らって悪いのを普通なら買いづらいところを敢えて買いにいくことです。上昇するのを期待して購入するということでもあります。

これは大穴のようなもので相場の裏をかくことであり、うまくいけば利益を得られる可能性があり、そのため、一部の人たちにはマーケットにおける必勝の道とも言われています。株式市場において利益を得るためには、他人とは逆の行動をとるべきだという意味の「人の行く裏に道あり花の山」という格言もあるほどです。

悪目買いは他の投資家であったり市況であったりのいわば裏をかく投資手法ですが、その反対は「順張り」と言います。マーケットのトレンドに乗って、相場が高くなったときに買い、安くなったら売るという投資手法です。具体的には、株価が上昇トレンドにあると考えられるときに買うことや、円安ドル高が進行しているときにドルを買うことなどが挙げられます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ