ルーニーとはカナダドルのこと。硬貨の片面に刻印されている水鳥のアビ(loon)に由来

ルーニーとはカナダドルのことです。硬貨の片面に刻印されている水鳥の「アビ(loon)」に由来しています。2011年11月に発行された100ドル札をきっかけとして、ルーニーは新紙幣であるポリマーシリーズへと移行し始めるとの発表がなされました。

2004年の統計において100万枚に対し、470枚の偽造紙幣が発行されていたことが発覚したのがひとつの大きな理由です。2010年には偽造紙幣の比率が100万枚に対し35枚にまで減少しましたが、ポリマー紙幣へと完全に移行する準備がすでに進んでいたため、当初の計画どおりルーニーはすべてポリマー化することが決定されました。

2012年3月には50ドルが発行され、2012年11月には20ドルが、2013年11月には10ドル・5ドルが発行されています。
これらはカナダ初のポリマー素材紙幣です。

透かしには、半透明になっているメイプルリーフと透明な窓が採用されており、メイプルリーフはうしろに点光源を置き近づいて見ると額面の数字が浮かび上がってくるというセキュリティー機能があります。透明の窓がメイプルリーフで縁取られており、上に人物の小さい写真と、下に国会議事堂の一部分のメタル風ホログラムがあります。

紙幣の中心に人物の顔があり、従来よりも写実的なものです。裏面には、カナダの技術革新であるフロンティアをモチーフにした図柄があり、ポリマー紙幣にもカナダの旅シリーズから続いている立体部分があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ