相場が上昇していくのが一時的に止まった状態になることを指して上げ一服と言う

上げ一服というのは、マーケット全般において使われる用語です。相場が上昇していくのが一時的に止まって、小休止の状態になることを指して言います。一般的に相場というのは、つねに激しく動いているというわけではありません。動いていた相場が何らかの理由で一時的に止まってしまう状態になることがあるのです。

これを「一服」と表現しています。
通常、この上げ一服というのは、上昇の局面において、目立つ値動きをしていたものが落ち着きを取り戻して、しばらくのあいだ安定した状態を保っている場合に使われます。

ちなみに、買い進んでいた動きが一時的に小休止の状態になることを上げ一服に対し「買い一服」と言います。一服に対する言葉は、「動意」だと言えるでしょう。動意は、マーケット全体を対象とした用語であり、相場が堅調な状態で推移しているときに用いられます。

保ち合い(もちあい)を続行していた相場が少しずつ動き出すことを指します。また、まだ完全には動き出していないものの、その気配が感じられるというときは「動意含み」と言います。一方で、もちあいが一定期間続き、相場が動き始めるような気配がないことを指す言葉は「動意薄」です。

もちあいというのは、相場がほぼ動かないか、もしくは小幅しか動いていないような状態のことです。そのようななかで、値上がりしそうだという見方が少し優位であれば「強保ち合い」、値下がりしそうだという見方がやや強ければ「弱保ち合い」と言います。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ