ローカルカレンシーは、ほぼ流動性がなく他の国の通貨と自由な交換ができない通貨

ローカルカレンシーは、世界の外国為替市場においてほぼ流動性がなく、他の通貨と自由な交換ができません。ソフトカレンシーとも呼ばれます。

これは、米ドル(USD)をはじめユーロ(EUR)や日本円(JPY)、英ポンド(GBP)、カナダドル(CAD)、スイスフラン(CHF)などといった他の国の通貨と自由な交換ができる国際通貨以外のことを指しており、世界中に多数存在するでしょう。

また、他の意味を持つ場合もあり、海外旅行をしたときにローカルカレンシーと言う場合は、その滞在するところで流通および使用されている現地通貨を指します。

信用性があって額面どおりの価値を広く認められており、国際市場において他国のものと簡単に交換ができるもののことをハードカレンシーと言います。語源は、金本位制であった時代のいつでもハード(つまり金)と交換可能でです。ハードカレンシー以外のものがローカルカレンシーだというわけです。

ハードカレンシーとなるための条件としては、
・国際的な信用があること
・発行しているところが様々な財を産出していること
・国際的な銀行での取引が行えること
・あらゆる場所での換金が可能なこと
が挙げられます。

ただし、ハードであることの明確な基準は存在しないので、どこからどこまでをハード・ローカルと分類するかは論者によって異なるでしょう。特に、アメリカドルとユーロを世界二大通貨と言い、日本円もしくはイギリス・ポンドを加えた3つを世界三大通貨と言う場合もあります。日本でも、アメリカドルとユーロ、日本円もしくはイギリス・ポンドをG3通貨と呼びます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ