ロンドンフィキシングは、ロンドン市場における16時(サマータイムだと15時)の値決めのこと

ロンドンフィキシングは、ロンドン市場における16時(サマータイムだと15時)の値決め(フィキシング)のことを言います。これは日本時間で言うと25時(サマータイムだと24時)です。厳密には金のスポット価格の決定を意味しており、この時間帯は外国為替市場においては有価証券の決済に関連したオーダーが多くなると言われています。

ロンドン市場は、一般的に金などといった貴金属の現物取引では世界で重要な位置を占めているマーケットであり、ここで決定が下される金の価格が世界的な金の価格指標になります。

また、通常は金はドル建てで取引が行われており、ロンドンフィキシングが行われることによって、ドル資金の需給関係にも少なからず影響を与えることから、この時間帯には為替相場が大幅に変動することがあるでしょう。

ロンドンフィキシング時間については、冬時間は東京25:00=LDN:00=NY:00、夏時間は東京24:00=LDN15:00=NY10:00と設定されています。

関連する言葉に、ニューヨークオプションカットがあります。これは、ニューヨーク市場の10時(サマータイムだと9時)の権利行使ができる最終的な締切のことです。通貨オプションとは、特定のものあらかじめ定められた期間ないし期日に、もとから決められら価格で買う権利および売る権利の売買をするという取引のことです。

ニューヨーク市場においては、通常通貨オプションでの取り引きが活発になされており、特にこの時間帯には原市場である外国為替市場でもオプション行使をめぐって売り買いが活発になり相場が大きく変動することがあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ