AEDとは、アラブ首長国連邦の通貨ディルハムのISO 4217の通貨コード

AEDとは、アラブ首長国連邦で流通している通貨であるディルハムのISO4217という通貨コードのことを指し、補助単位は100分の1であるフィルスです。1973年から使用されています。1966年より前は、現在のアラブ首長国連邦を構成しているすべての首長国においては湾岸ルピーが流通していました。

そして1966から1973年にかけては、アブダビ以外のすべての首長国ではカタール・ドバイ・リヤルが流通します。湾岸ルピーからカタール・ドバイ・リヤルへと移行するあいだ、短い期間でありながらカタールと同じように首長国でもサウジアラビア・リヤルを採用していました。

そして、1973年にはアラブ首長国連邦はUAEディルハム(AED)を導入し、その時のレートはカタール・ドバイ・リヤルに対し1ディルハム=1リアルであり、アブダビで用いられていたバーレーン・ディナールに対し1ディルハム=0.1ディナールが平価とされていました。

1978年1月28日で、AED はIMFの特別引出権として公式にペッグされましたが、実際には長い期間アメリカ合衆国ドルとペッグしていたのです。1997年11月から今にかけてはアメリカドルと1ドル=3.6725ディルハムにてペッグしており、これは1ディルハム=0.272294ドル程度に該当します。

2006年8月に、1ペソ硬貨(フィリピン)と1ディルハム硬貨がそれぞれ同じ寸法だということが公に報道されました。1ペソ硬貨の価値は8フィルス程度しかないことから、アラブ首長国連邦にある自動販売機を用いた詐欺問題へと発展したのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ