ARSとはアルゼンチンの通貨単位であるアルゼンチン・ペソのISO 4217コード

ARSとは、アルゼンチンの通貨単位であるアルゼンチン・ペソの国際通貨コードであるISO4217のことです。ペソの1/100のセンターボが補助通貨で、紙幣は1ケタのもので2・5、2ケタのもので10、20、50、100ペソがあります。また、硬貨は5、10、25、50センターボおよび1・2ペソがあります。

1992年1月にARSが導入されてから2001年12月まで、インフレを抑制するために「アメリカドル=1ペソ」というドルペッグ制が採用されていました。自国通貨が発行される量を保有外貨の範囲のなかに抑えつつ、国際決済通貨との交換性を裏付けしたことで、インフレ率は年換算にして一桁にまで沈静化します。

そして、規模の大きい規制緩和および為替リスクの解消を好感視した他国からの資本流入が順調に拡大していきました。しかしながら、1990年代後半に新興国各国を一巡していった通貨危機の影響を受けて、ペッグ制から離脱することを断行したブラジルに比べて、割高になっていったアルゼンチン製品の輸出の競争力が徐々に下がっていくのです。

結果として、危機的な状況になった経済の打開策としてペッグ制を解消することが不可欠との判断が下り、2002年1月6日には1ドル=1.4ペソの公定レートと実勢レートからなる二重相場制が暫定的に導入されて、2月11日から変動相場制に完全に移行しました。

ARSがアメリカドルとのペッグ制を解消した後、正式名称もこれまでの兌換ペソを意味するPeso Convertible de Curso Legalから「Peso」に変更されて、紙幣に記されていた兌換性についての文言も削除されました。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ