相関関係の高さで利用されている通貨がCAD

CADは、ISO4217で定められている通貨となっています。G7の1つとなっているカナダが発行する通貨としても有名で、通称としては他にカナダドルなどが用いられるようになってるのです。G7とは先進七ヶ国のことなのですが、このような大きな特徴をもっているために、「相関関係の部分も注目されている」ことで有名であったりもします。

具体的には、原油市場との関係性が高いとして知られているのです。
他にCADは、経済的な結びつきについても確認されることが多い通貨です。なので、経済的な変化が先進国でよく見られるようになった場合には、カナダドルを利用した取引がよく行われたりするようになっています。

具体的には、経済的な変化として政治的なリスクによる変化が見られた場合に使われたりして、政治的なリスクが小さいとされている通貨となっているので、このようなケースにおいては強いとされているわけです。

他にも、ニューヨーク時間でよく動くという点が知られています。そのため、わかりやすい一面も多く、マイナーな通貨に比べると使い勝手の良い通貨としても知られているのです。

他にCADは、米国との結びつきが非常に強いという特徴もありますので、米国経済と世界経済の2つをセットにして理解されていると、相場変動が理解しやすいとされています。このような通貨は少ないために、通常のペアでの取引では損失を補填するために取引されるケースが多いという特徴もあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ