永世中立国の通貨なのでCHFは安定性が高い

CHFは、スイス連邦が発行している通貨であるスイスフランのことです。記号が用いられている場合は、通貨コードで表示を行っているだけとなっています。実際の取引では、そのままスイスフランが使われていたりするのですが、一般的なFXトレードなどでは記号が用いられるようになっている場合が多いです。

例えば、JPY、CHFというふうに通貨ペアになっているものについては、そのまま記号で表示されるようになっています。他の特徴では、スイスフランは永世中立国という点がよく強調されていたりします。どうしてこのような部分が強調されているのかというと、永世中立国である場合にはあまり相場変動リスクがないからです。

永世中立国の良い点では政治的なリスクが小さいと言う特徴があります。一般的な通貨についてはそのようにはなっておらず、政治的なリスクについては常に付きまとうようになっている点で注意しなければいけません。

例えば、地域紛争や新しい政治が発生する場合には、経済的な面が活性化するのではなく沈着してしまうケースが非常に多いです。すると、通貨の価値が大きく変動してしまうために、関係性の強いペアの取引では利益ではなく損害が発生するケースが多くあります。

ですが、CHFは永世中立国の通貨となっているので、そのようなケースであっても安定してプラスの相場変動が発生するのです。このような特徴だけでなく、世界的に安定して購入されている通貨でもあるので、無駄のない相場変動が見られる特徴もあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ