最終的にユーロで統一されるのを目指しているCZK

CZKは、チェコ共和国で発行されている通貨なのですが、通常のものと比較すると違った特徴があるとして知られています。例えば、将来的には自国通貨として運用していくのではなく、安定性の高いユーロに統合される(導入される)のを目指しているという特徴があります。

多様な通貨が世の中には存在するのですが、このように自国のものを別の形で運用しようとしているケースは非常に珍しいです。なので、FXトレードなどにおいてもその点がクローズアップされているケースが多くあります。具体的には、ユーロなどの変動と合わせてどのような相場変動リスクが存在しているのかで注目されていたりします。

チェコ共和国の通貨でもそうですが、マイナーな通貨というのは政治的なリスクだけでなく、他国との関係も存在する点が今では知られていますし、将来的に関係を強めようとしている国との間には、何かしらの摩擦が生じるようになっているのです。

例えば有名なものではCHFがあります。CHFは世界的にも有名な永世中立国のスイスフランのことなのですが、こちらについてはアメリカのドル市場と何かしらの関係があるとして、注目されていたり利用されていたりするケースが多くあります。

例えば、アメリカの経済が思わしくない場合には、FXトレード上では損失を補填するような形で利用されていたりするのです。CZKにも同じような特徴があり、やはりユーロが変動する度に購入されやすいという特徴があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ