特殊な形で運用されている点が特徴的なDKK

DKKは、デンマーク王国で発行されている通貨です。アルファベット3文字で記述されているケースでは、主に通貨コードで表示を行わないといけないケースで用いられています。例えば、通貨ペアを決めないといけない取引画面で使われています。

そのままデンマーク・クローネとして表示していると、場合によっては名称が長すぎるので表示する際に見づらいケースもあるので、殆どの通貨についてはアルファベットで略称されるようになっています。また、他にも特殊な要素のある通貨としてDKKは知られています。例えば、EUの一員であることが近年ではよくクローズアップされています。

というのも、最近ではマイナーとされている通貨についても価値が認められるようになっているためです。ただ、将来的に現状を維持するだけでは経済的にも政治的にもリスクが高まるとしているので、他の国などとどのような関係であるのかが注目されているわけです。

DKKについては、単純にEUの一員として見られているだけではなく、将来的には対ユーロ為替相場の変動において、どのような動きを見せるのかで注目されています。例えば、変動リスクがユーロに対して生じているのかなどが見られているわけです。

マイナーとされているものについては、一定範囲内でリスク管理がされているケースも存在するので、必ずしも不安定であるというわけでもないのです。似たような管理のされ方になっているものではCNY(人民元)などが存在します。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ