特殊な利益を出している点が注目されているEGP

EGPは、エジプト・アラブ共和国で発行されている通貨です。アルファベット3文字で記述されている場合は主に取引などで使われるために用いられることが多かったりします。一般的にこのような通貨の取引では、メジャーカレンシーとされている先進国の通貨とは分けて表示されているケースが多いです。

なので、マイナーカレンシーとして扱われるように今ではなっているのですが、注目度については特殊な要素が含まれている通貨となっています。マイナーカレンシーというと、全体的に特殊な利益を上げている国の通貨として知られています。このエジプト・アラブ共和国が発行しているエジプト・ポンドについても同じです。

例えば、通常の取引では、通貨の相場というのは取引される量で変動するものなのですが、マイナーカレンシーでは局所的に投資される(取引される)という特徴があるのです。なぜそのような特色があるのかというと、EGPでは運河収入や観光収入が存在するためです。

これらの収入については、基本的には年中で発生するわけではありません。場合によっては長期間において利用されることがないケースまで存在します。なので、安定して儲けることができない通貨として現在までは知られていました。

しかし、近年になってエジプト・ポンドについてはエジプト中央銀行が変動相場制を利用するようになり、また相場についても段々と手が入れられるようになり安定してきたという特徴があるのです。そのような要素もあり、今では安定して取引しやすい時期が存在し、一般のトレーダーでも利用できるという特徴が付与されています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ