現在では外国為替証拠金取引で有名なForex

Forexは、FXなどで登場する用語となっているのですが、正確には「ForeignExchange」の略称となっています。現在では、FXとしてそのまま用いられているケースが多いのですが、一般的な取引においては外国為替証拠金取引で知られるケースが多いです。

というのも、銀行といった金融商品を取り扱っている業者では、電光掲示板などで外国為替証拠金取引の情報という形で、FX情報が掲載されているためです。
しかし、現代ではネット普及率が非常に高い状況になっている為、このような金融商品をネットのみで売買できるようになっています。

これをFXトレードと言い、トレードを行っている個人や団体についてはトレーダーと呼ぶようになっています。トレーダーについては、一般的にはネットを通じて売買をするのですが、必ずしも取引においては現物を購入するなどしてトレードをするわけではありません。

近年では、そもそも現金の輸送については行っておらず、正確には国際間で取引が成立した場合には賃借を行う形で決済が進んでいくようになっています。その為、通貨によっては取引の際の手数料についても違っているために、近年のシステムではそれらについての計算がFX業者で行われるようにもなっています。

また、通貨については自由に利用できるようになっているのですが、近年になってそのようになっただけで、過去においては決められた通貨のみで取引されていたという特徴がForexにはありました。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ