一般的なトレードではForwardが用いられる

Forwardは「フォワード」と呼ばれているのですが、一般的には先物為替トレードについてフォワードと言っています。なぜこのような方法が存在するのかというと、今では現物については取引を行っている個人は対応をしないでも良いようになっているからです。

例えば、FXとされている外国為替証拠金のトレードにおいては、通貨のみの取引をネットで行うだけであり、トレードをした当人同士は外国の通貨を取り扱いません。
擬似的な情報として登録されているものを使いトレードを繰り返していくわけです。これは先物為替やFXや先物に関するトレードであっても同じです。

一般的に売手と買手の間には介入者が存在するようになっていて、そちらを介して物品以外の流通が行われるようになっています。Forwardの場合は、通貨の売買を契約した日から2営業日以降で受け渡しが行われるようになっています。ただ、そのようになっているだけで現物の取り扱いは介入者が行うとなっています。

先物取引のような大きな取引の場合は、倉庫などを通じて商品の受け渡しが行われていたりします。しかし、為替相場を用いた取引の場合には市場というものを通じて、相場変動するようになっています。

つまり、市場が中心になってお金が動いているわけです。Forward以外では、短期で終了するような取引方法も存在するのですが、基本的に2営業日以降で対応するようなものが多いとなっています。これについては、規則通りに対応できる場合とそうでない場合があるので2営業日以降が多いのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ