過去から現代にかけて変化が著しい通貨がGBP

GBPは、英国で発行されている通貨である「英ポンド」のことです。また、アルファベット3文字については通貨コードとされているもので、取引が行われている市場などで表示されるようになっているという特徴があります。また、英ポンドや米ドル、日本円などはメジャー通貨と言われている点で共通点が存在しています。

今では、メジャーカレンシーという名称でよく登場するのですが、メジャーなものについては次のような特徴があり、共通点が存在します。まず、世界でもGBPなどは特に多い流通量を誇っているので、極端な値崩れについては行われないようになっています。次に、システムなどの管理で必ず管理がされている特徴もあります。

これにより、現在までの取引量だけでなく近年でどのような影響を受けて、相場変動が発生したのかを後になって理解できるという特徴まで発生しています。システムについては自動取引システムなどで扱われていることが多く、近年ではトレーダーではなくシステムが取引を行っていたりするほどです。

また、GBPには大英帝国時代には世界の基軸通貨であった歴史もあります。しかし、近年では米ドルやユーロなどにその立場を奪われている状況となっています。ただ、それにより極端にメジャーカレンシーの中で浮いた存在になったわけではありません。

というのも、他にもユーロと似たようなトレンドを描くとして親しまれている部分があるからです。トレンドとは、兆候のようなものでどのような変化が起きるのかわかりやすい相場に対して用いられるようになっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ