ユーロに統一されるのを目的としているHUF

HUFは、ハンガリー共和国で発行されている通貨です。一般的には「フォリント」の名称で知られているのですが、アルファベット3文字については通貨コードを表しているとされています。ただ、このようなアルファベットについては用いているケースとそうでないケースがありますので、正確に理解しておかなければいけないのです。

具体的には、マイナーカレンシーについては、基本的にアルファベットがよく用いられています。というのも、マイナーカレンシーについては非常に多く存在するからです。

逆に多くの流通量を誇っている世界でも有名な通貨については、今ではメジャーカレンシーと言われていて、それらについてはアルファベットだけでなく通貨名がそのまま使われている場合が多いです。というのも、メジャーカレンシーであった場合には通貨名も含めて有名なので、そのまま通貨名を記載してもわかってもらいやすいからです。

マイナーカレンシーについては、そもそも存在そのものが最近になって知られました。これはHUFだけではなく、ほぼ全てのマイナーカレンシーに言われる共通点となっています。例えば、人民元やチリ・ペソなどがそうです。

近年になって流通量が増えてきたので知られるようになったのですが、それまでは一部のトレーダーのみ使っている通貨でしかありませんでした。また、HUFはユーロの導入を目指している特徴もあるのですが、今のところ財政赤字などの問題点もあり導入には時間がかかるという特徴まであります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ