通貨先物取引のポジションにはIMMポジションが存在する

トレードの用語にポジションという用語がありますが、何も付けられずにポジションとなっている場合には「取引のポジション」について示す際に用いられます。逆に、何かしらの名称が付与されている場合には、「世界に存在する市場」を指し示す際に用いられている特徴があります。

世界に存在する市場には、IMMポジションのような有名なものが多いのですが、IMMの正確な名称については「シカゴIMM通貨先物ポジション」となっています。シカゴIMM通貨先物ポジションについてですが、CMEで取引されている通貨先物をいいます。

前述した市場で通貨先物取引が行われているというわけなのですが、このような取引情報については公表されているデータも存在するので、一般のトレーダーについてはIMMトレード情報といった形で入手し利用を行う流れとなります。また、このような情報がどのように使われているのかというと、次のような形で利用されるようになっています。

まず、公表されるデータでは「投機筋の売買の枚数」を確認することができますので、そのデータを使って流通量を図ることができます。また、単純な味方としてはIMMポジションで買い持ちが過大となっている場合には下落傾向にあると見られるようになっています。

すると、買いによるもうけが発生しづらくなりますので、暫くの間は様子見となったりするのです。逆に売り持ちが課題になると、これから先の相場が高まりやすいと予測されていると読めますので、一気に相場が上昇すると予想できたりします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ