着実に現代的な変化が見られているインドとINR

INRは、インドで発行されている通貨です。一般的に「インド・ルピー」で知られている通貨なのですが、今ではこのような通貨単位ではなく国自身が注目されるようになっている特徴があります。というのも、過去と比較するとインドも産業そのものが大きく変わってきているからです。

過去では輸出などを前提として資源について産出量を高くするような動きが見られていました。それにより、インドそのものの経済が見られていたのですが、今ではその経済指標についても大きな変化を見せています。例えば、農業・工業・鉱業・サービス業の中ではサービス業が今ではよく伸長している傾向にあるとされているのです。

というのも、今ではインドというと産出だけでなく、IT産業などの伸びが著しいとなっているからです。外国などに対して派遣を行うITのサービス産業などが著しい伸びを見せているのですが、これにより新しい経済指標が誕生しました。

というのも、今ではインドのIT産業が世界でも有数の競争力をもっていると知られているからです。かつてのインドは、油田などの開発についてよく注目が集まっていたのですが、近年ではITなどをはじめとしてサービス業に力をよく入れている国となりました。

例えば、ITだけでなくエンターテイメント業についても営んでいる企業が増えており、新しい開発区などを設けるなどして外国人が住みやすい土地づくりなどを目指している特徴まであるので、経済的な指標については他の国よりも多いとされているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ