隣国との関係が非常に密接となっている通貨がKRW

KRWは、大韓民国で発行されている通貨です。一般的には「韓国ウォン」で親しまれている特徴があるのですが、アルファベットについては通貨コードとされている表記方法となっています。主に市場などでわかりやすく表示する際に用いられるのですが、ニュースなどの表記においてはそのまま韓国ウォンが用いられたりします。

FXトレードなどでは解説の際にKRW(韓国ウォン)と表示されるようになっていますので、基本的に初心者であってもどこの国の通貨なのかが一目でわかります。

また、このような扱いのものについてはマイナーカレンシーとされています。通貨については分別が行われているのですが、基本的に「メジャーカレンシー、マイナーカレンシー」の2種類しか存在しません。また、どのようにして分類されているのかというと、通貨量を基本として次に先進国であるかどうかが基準となっている場合が多いです。

メジャーカレンシーには米ドルやユーロなどが存在するのですが、全部で10以下の国の通貨しか存在していません。それ以外についてはマイナーカレンシーと分類されるようになっています。また、KRWについては通常の取引とは違う形で取引がされているという特徴があります。マイナーカレンシーなので取引量については多くありません。

この点のみ他のマイナーカレンシーと同じなのですが、韓国ウォンは1997年のアジア通貨危機の影響で相場下落となってしまったのですが、隣国との経済摩擦がなく輸出量が増えている場合に、良い景気へと変動しているという特徴があり、それにより流通量が期間限定で大きく増加する特徴があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ