外国為替市場で出てくるLDNFIXとは何か

LDNFIXというものが、外国為替の用語で出てきたらすぐに説明できるのかというと、なかなかできるものではありません。LDNFIXとは、London Fixingの略で、ロンドン市場の16時(サマータイムなら15時)に値決めを行うことです。ちなみに日本時間なら25時(サマータイムは24時)、ニューヨークなら11時(サマータイムは10時)になります。

値決めは、正確にいうと金のスポット価格を設定することを意味します。16時というのは、外国為替市場では有価証券の決済に関係した、一番オーダーが多い時間帯だと言われているのです。

外国為替市場とはどんなものでしょう。これは、外国為替取引が行われる場のことを言います。世界中でどこでも同じもの(通貨)をいつでも売買できます。規制などもほとんどありませんので、市場は合理的で公正だと言えるでしょう。

特色として、24時間オープンしている眠らない市場であること、時間や価格の制約がないこと合理的で公正であることなどがあります。巨額の資金が動いている、世界最大の市場と言えます。

ロンドン市場は、一般に金など貴金属の現物取引では世界でも重要な位置を示しています。ここで決まる金の値段は世界の金の値段と言ってもいいでしょう。また、金はドル建てで取引されているので、LDNFIXがドル資金の需要にも影響を与えます。そんなことから、ロンドンの16時には、為替の相場が大きく動く可能性があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ