外国為替で出てくるNOKの意味とその国について

外国為替取引などで、NOKという記号が出てきますが、これは何を意味するのかというと、ノルウェーの通貨、ノルウェー・クローネのコードです。ノルウェーは北ヨーロッパにあり、立憲君主国家です。

ノルウェーは、EU(ヨーロッパ連合)には属さず、EFTA(ヨーロッパ自由貿易連合)に属しています。ノルウェーは、ご存じのように、就学率や成人の識学率、平均寿命が世界的に高いことで有名です。また、氷河によるフィヨルドや、冬のオーロラ、おいしいシーフードなどでも有名です。日本人も、親しみを感じる国ではないでしょうか。

また、この国は、北欧諸国のひとつで、世界でもトップクラスの先進国と言えます。油田を持っており、天然ガスや石油を輸出しています。その収益で、ノルウェー政府年金基金を運営しています。これらのことから、クローネは世界的にも安定していると言われ、変動相場制をとっています。

FXなどでのNOK取引は、どこの業者でも行っているわけではありません。取り扱い業者がありますので、もし取引したいのであればまず取り扱い業者を調べ、そのなかからどこが良いか比較して決めるようにしましょう。

口座開設から行わなければいけませんので、それぞれの業者の特徴を比較し、どこが自分に合っているかを見極めましょう。業者もいろいろあってわからないかもしれませんが、業者を比較できるサイトなどもありますので、これらを有効に活用すると良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ