NYオプションカットの意味と取引内容について

NYオプションカットは、NYOPCUT、OPNYCUTと表記され、ニューヨークオプションカットのことです。ニューヨーク市場の10時(サマータイム9時)、日本時間では24時(サマータイム23時)の通貨オプションのカットオフタイム(最終締め切り時間)を言います。

カットオフタイムというのは、最終締め切り時間ですが、詳しく言うと、通貨オプションの満期日の「どこの市場でどの日の何時まで」という取決めの最終的な締め切り時間のことです。この、カットオフタイムの前後は、為替レートが大きく動くことがあります。

最近、外国為替取引やFX取引をする人が増えてきました。インターネットで簡単にできるようになったのもあってか、テレビCMやインターネット広告でも見かけるようになりました。

これをするにあたり、このような言葉、記号、通貨コードなど理解しておかなければいけないことがたくさんあります。普段、生活している中ではほとんど出てこない言葉なので、よけいに理解しにくいかもしれません。しかし、何も知らないまま始めた場合、何らかの問題が起こった時に対処できないことがあります。

取引を始めてから、知らない用語が出てきたらその都度調べてももちろん良いのですが、始める前に少しずつ勉強した方が良いのではないでしょうか。用語解説を読んでみても、なかなか一度で理解できないものがあります。知らない言葉ばかりだと、嫌になってしまうものなので、少しずつ覚えるようにしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ