株価の決定方法の板寄せとはどんなものなのか

株式で、板寄せという言葉があります。証券取引所で株式の約定値段を決める方法です。この決め方ですが、その時までに出された売買注文を、同時になされたものとします。そして成行き注文を優先させ、その次に指し値の安い売り注文と高い買い注文から付き合わせていき、一つの約定値段を成立させるのです。

板寄せと関連した言葉にザラ場寄せがあります。これは、取引が始まってから株価を決めるものです。ザラ場というのは、取引時間中のことを言い、これは、オークション方式とも呼ばれています。

どういう風に進められるかというと、現在出されている売買注文を気配値で表示し、それぞれの買い、売り注文に合わせて取引をその都度成立させていきます。株だけでなく、先物取引でもこの言葉は使われます。

最近では、インターネット取引が主流となってきたため、今まで全く株やFXなどの投資に興味がなかった人も始めるようになりました。専門用語をすべて理解するのは大変なことですが、この言葉はこういった場面で出てくる、こういう時に使う、ということは知っておきたいものです。しかし、普段の生活で使うような言葉はほとんどありません。

それで難しいと思い込んでしまうケースが多いです。身近にこういった用語に詳しい人がいれば聞きながらできますが、なかなかいるものではありません。証券会社のホームページや、個人が開設しているホームページでこういった専門用語を説明していますから、それを参考にして理解するようにしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ