株価を動かす方法として知られる売り崩しについて

売り崩しとは、意図的に株価を安くすることによって相場が下落しているように誤解させる手法のことです。不公正取引の一つとされており、好まれない行為とされています。この方法はとてもシンプルで、空売りなどをすることによって売り物を盛んに出し、さらには悪材料となる情報を出していきます。

そうすることによって、他の投資家にも株をどんどん売らせることもあります。自分だけではなく、周囲を巻きこんで行われる場合もあるため、問題視されているわけです。

売り崩しをすることによって株価が下落すれば、自身が買うときは有利になれます。意図的に下げられたということは、そこから上昇する可能性は十分にあるのですから、安くなったところを買うだけで大きな効果が期待できるからです。しかしこの方法は、単純に自分が買うため以外にも行われるときがあります。

それは自身が保有する銘柄の価値を意図的に上げて、優位に取引をするために他の銘柄の価値を下げるためです。目的はどうであれ、売り崩しという方法はフェアとは言えません。法で規制されているわけではありませんが、多くの人が迷惑を受ける可能性が高く、株式を発行している企業としても迷惑な行為です。

この手法事態は多くの資金を必要とするため、個人が簡単にできるものではありません。そのため、この目的のために協力して徒党を組んでいる場合もあります。そのような集団は一般的に、売り連合、売り同盟と呼ばれているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ