少しでもリスクを下げるなら売り直しをしよう

売り直しとは買い方の一つで、売りに出していたものを一度手じまいして、再度売りに出すという方法です。つまり、一度にすべてを売るのではなく、ある程度様子見をしてから何回かに分けて売り出すということです。こうすることによって、変化が起きたときでも柔軟に対応できるようになります。

また信用取引においては、一度買い戻してから再度売りに出すことを指す場合もあります。株などの値段は、いつ変化が起きるのかが予想しにくいものです。ある程度予想はつけられますが、思いもしなかったことが起きる場合は、良くあります。そんなときにリスクを抑える方法として、売り直しは効果的な方法なのです。

価値がどんどん下がっている場合は、損失を抑えるために売りに出します。そして上がっている場合は、売るときの基準を高水準に設定し、そこへ到達した時点で売りに出します。最終的に売るという点で違いはありませんが、どんな状況で何を目標とするのかによって、大きく意味合いが変わってくるわけです。

細かい部分まで考えてリスク管理をしていくことは、投資の世界で常識と言っても良いくらい重要です。そのときがチャンスだと感じても、一歩引いて考えられるのかどうかが大きな境目になる場合はたくさんあります。

売り直しであれば、ある程度のリスクはありますが、大きな失敗をする可能性はとても低くなります。場合によっては、見落とすことになっていたチャンスを得られることにもつながるため、多くの人が活用しています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ