いかにかしこく売り逃げできるのかはとても重要

売り逃げとは、自身の保有する株の価値が下がる前に、タイミング良く売り払うことです。これだけならチャンスを見逃さなかったというだけになりますが、ここでポイントになるのは、売り払った事実を知られないようにするという意味を持つことです。これにより、ひとりだけ安全な状況で逃げだせられるため、このような呼び方をされています。

株式市場ではある程度まで価値を上げた銘柄は、どのタイミングでその上り調子が終わってしまうのかと警戒されるようになります。あと少しくらいなら大丈夫だろうと思っていたが、いつのまにかどんどん価値が下落していたということは、よく起こります。

そんな中でいち早く利益を確保して、取引から離脱できる状態こそが売り逃げというわけです。大きな意味でまとめると、相場が下がらないうちに売ることですが、そのタイミングが良ければ良いほど、逃げ切れたという表現が適したものになるのです。

売り逃げができたときの達成感はとても大きく、投資における楽しみ方の一つとも言えます。しかし逆にこだわりすぎてチャンスを逃してしまう場合も多いため、なかなかむずかしいものです。

タイミング良く売ることができるのかどうかは、運の要素も関わってきます。しかし、あと少しだけという気持ちを抑えることができるなら、すべて運任せということにはなりません。いかにうまく自分の気持ちを抑え、リスクを避けられるのかどうかがポイントになります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ