大商い株を見つけられるかどうかが成功の鍵です

株式市場において、一日の売買数が特に多く、相場の中でも
ひときわ目立つ銘柄のことを大商い株と呼びます。もともと流動性の高い大型株などは、市場の中でも常に目立っています。そのため、こういう銘柄は対象として選ばれることはありません。

この場合に目立つというのは、普段はそこまで注目されていなかったが、何らかのきっかけで大きな注目を浴びることになったものとなるわけです。一度、注目を受けた銘柄は、そのきっかけとなった材料が消化されるまで人気化することが多くあります。あくまでも一時的なものなので、その人気がずっと続くわけではありません。

そのため、どのタイミングで切り上げるのかも重要なポイントになるわけです。
株式の中には、あるグループが投機的に資金を投入して値上がりが起き、結果的に大きな利益を上げられるものがあります。このような銘柄を仕手株と呼ぶのですが、ときにはこの仕手株が大商い株となる場合もあります。

いろいろな理由はありますが、株価が急騰することによって大きな人気が出るものが対象になると考えれば分かりやすいものです。今何が注目されているのか、そしてその勢いに乗れるのかどうかは、投資の世界でとても重要です。

市場内では常に変化が起きているため、気づかぬうちにこのチャンスを逃していることはたくさんあります。運用要素が強い一面も持っていますが、まずしっかりとした情報ルートを得ることが、大商い株を見つけるために必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ