さまざまな情報が読み取れる大商い10銘柄占有率

大商い10銘柄占有率とは、市場全体における売上高上位10銘柄に対する集中度のことです。他の呼び方としては、出来高10位占有率、先導株比率とも呼ばれています。どちらもその名前からわかるとおり、市場の中でも高い評価を受けている銘柄についてのこととなっています。

計算方法はとても簡単なもので、売上高上位10銘柄の出来高合計を、市場全体の出来高で割るだけです。全体に対して10銘柄ということから、数字自体はそれほどたかいものにはならないのではという印象も受けますが、実際には15から30%の間で推移していることが多くなっています。

これだけでも、上位銘柄がどれだけの影響力を持っているのかが分かります。
大商い10銘柄占有率の数字が高いほど、相場における柱となっていることになるのですが、あまりにも数字が多すぎる場合は行きすぎているという評価になります。

逆に数字が低すぎると、活発になる材料自体がないことから、相場が低迷していると判断されるわけです。たとえ景気が良くて全体的に良くなっていたとしても、相場をけん引できる突出した銘柄があるのかどうかでは、評価が大きく変わってきます。そのために使われるのが、この基準になるのです。

多くは下限15%で上限が30%というラインで判断されますが、20%を割った時点で低迷状態にあると判断されることもあります。ちなみに大商い10銘柄占有率に、どんな銘柄が入っているのかをチェックするだけでも、投資主体がどこになっているのかを予想できるので、とても参考になる情報源です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ