買い上がりなどの不公正取引には注意しよう

買い上がりとは、ある銘柄の価格を意図的に高くすることです。これによって株価が上昇しているという誤解を投資家へ与えられ、取引を誘引できるようになるわけです。積極的に株を買っていけば、自然と注目されるようになります。

そして、急成長をしているのではないか、何か注目される理由があるのではないかと思われるようになり、その株式の価値が上がっていきます。問題なのは、これを意図的に行っているところです。場合によっては、意図せずにこのような形になってしまう場合はあります。

それはそれで仕方のないこととも言えますが、そこに自己が保有する銘柄を優位に立たせる意図があると話は変わってきます。このような相場操縦は、証券取引法違反に当たります。最初は証券会社から注意が入るくらいですが、警告になることもあります。それでも変わらず続けていた場合は、強制調査となる場合もあるのです。

買い上がり自体は、それなりに資本力が必要です。個人でできなくもありませんが、悪質なものになると仲間を集めて行う場合もあるのです。自己の利益のためというだけでも問題ですが、この操作によって周囲へ悪影響も与えることがあるため、厳しく取り締まられています。

買い上がりが判明した場合は、利益がまるまる没収されたり罰金が課せられたりします。このようなことがあるため、証券会社のホームページでも相場操縦になるような売買は行わないように注意がまとめられています。知らないうちにそうなっていたということもあるので、事前にしっかりと確認しておく必要があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ