株価釘付けは株価の価格を一定に保つ不公正取引

株価釘付けは、株価固定と呼ばれることもあり、金融市場で価格操作を行うことです。金融市場では、自然ではない価格操作は禁止されており、株価釘付けも不公正取引に指定されています。価格を釣り上げる、という行為が問題なのは分かりやすいですが、値段を一定に保つということも十分に問題です。

ある株式の値段が変わらなかったとしても、損をするということは殆どありませんが、不自然な取引は禁止されているので、問題行為と言っても過言ではありません。

株価は日々変動するものですが、何らかの理由で価格が変動して欲しくないという方がいる場合に、株価を一定に保つような取引が行われることもあり、これが株価釘付けです。値上がりも値下がりもしないように調整を行うので、多くの場合は不自然になり、証券会社から目を付けられます。

もちろん、初心者の方が意図の分からない取引を行うということもありますが、そのような一過性のものではありません。長期間に渡って値段を操作することなので、取引を失敗した程度で問題になることは少なめです。株の値段を操作することは容易ではなく、一定に保ちたい場合は大きな苦労と労力が伴います。

例えば、株価が下がってきた、或いは上がってきた場合に、それに対抗するように注文を出すといったことを繰り返していれば、何らかの目的を持って操作しているのではと疑われても仕方がありませんが、問題になるのは長期間に渡って不自然な行為を繰り返している場合のみです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ