金融商品取引法で禁止されている行為の一つである株価固定

金融商品取引法で禁止されている、相場操縦取引の一つが株価固定です。文字通り、株価を固定させて、大きく値上がり、或いは大きく値下がりするといった事態を意図的に避けた状態のこととなります。株価が高い場合に、それを保つという行為はまだ意図が分かりやすいものの、その逆の状態は意図が読めないということもあるでしょう。

市場では仕手化と呼ばれる特殊な状態があるので、特定の銘柄が高騰するという事態も珍しくありません。もちろん、本当に人気が高く高騰しているケースも多いものの、仕手筋と呼ばれる集団が、株価を操っている場合もあるので、問題がある状態です。

そのような仕手筋により値段を操作されることを嫌って、意図的に値段を固定させることがあります。しかし、目的に関わらず、株の価格を操作することは禁止されており、株価固定は法律違反の行為です。

値段を操作するのは簡単ではなく、不正の中では見つかりやすい部類と言っても過言ではありません。株価を固定させる方法は幾つかありますが、上値、下値付近で指値注文を大量に行うということがよくあります。指値注文とは、この値段まで値下がりしたら、或いは値上がりしたら注文するという取引方法です。

成行注文は、値段に関わらず特定の銘柄を何株購入するという方式なので、必ず注文が成立しますが、指値注文の場合はすぐに取引が成立するわけではありません。その為、上値、下値付近で指値注文の内容を変更しながら取引を行い、株価を固定させることがあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ