株券等貸借取引とは、株券の貸し借りに関する取引のこと

株券は、他人の手に渡ることを想定して作られているのが特徴です。その為、株券を貸し借りするということもあり、この取引は株券等貸借取引、ストックレンディングという名前が付けられています。基本的には、現金の貸し借りと似ており、現金が株券に置き換わったものと考えても良いでしょう。

多くの場合は、株を貸したい方と、証券会社の間で取引が行われ、株券等貸借取引に関する基本契約書を取り交わす必要があります。もしくは、有価証券借用証書を提出する必要があり、どの方法を取るにせよ、簡単に貸し出せるというわけではありません。

また当然ですが借りた場合には返す必要もあり、契約書では必ずいつまでに返すのか、期限が定められています。貸し借りの際に担保が必要かは、証券会社や商品によっても変わってくるので、必ず担保があるとは限りません。担保を始めとした条件については合意によって決められるので、基本的には証券会社の意向が反映されます。

この取引はどの証券会社でも同一というわけではなく、中には特約付き、条件付きの株券等貸借取引を提供しているところもあり、契約の中身は注意が必要です。

特約付きの場合は、買い取りを前提としており、基準となる価格を上回った場合には買い取りが行われます。滅多にあることではないものの、証券会社が倒産してしまうということもあるので、必ずリスクの説明が行われるでしょう。どのようなリスクがあるのか、承知の上で契約する必要があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ