ショートカバーが行われるかの目安となる空売り比率

でも、証券会社に保証金を預けるならば株を借りることが可能です。また、既に株を所有している場合でも、証券会社から別の銘柄を借りるということは珍しくありません。空売りは今後株価が下落しそうな場合に行い、下値になった時点で買い戻すという、株式投資では基本的な手法です。

そして空売りが行われており、買い戻されていない株式の比率を表すのが、空売り比率となっています。この比率の算出方法は、買い戻されていない株式の数を、その株式の30日、或いは90日の平均出来高で割ったものであり、市場をチェックするなら見逃せない数字です。

空売りを行った場合、その株は借りているものなので、そのまま売りっぱなしにするということは出来ません。制度信用取引を利用しているならば期限が必ず定められているので、必ず買い戻す必要があり、ショートカバーと呼ばれている買い戻しが起こりやすいかの目安となります。

市場に絶対という言葉はありませんが、空売り比率は高い程にショートカバーが起こりやすいと言われており、30%台ならショートカバーの影響で株価が上がりやすいのです。

逆に、20%を切っているようならば、大きなショートカバーが起こることは期待出来ず、注意する必要があります。東京証券取引所はこの空売り比率を日々発表しており、日本経済新聞の朝刊のマーケット欄に記載されているので、確認は容易です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ