空買いは証券会社からお金を借りて株を買う行為

空買いは、信用買いと呼ばれることもある、空売りと逆の行為です。空売りが、証券会社から株を借りて売るのに対し、空買いは証券会社からお金を借りて株を買うこととなります。空売りが、必ず株を買い戻す必要があるように、空買いを行った場合は株式を売却して返済しなければいけません。

もしくは、証券会社から借りたお金を返して、現在持っている株を引き取るという手法もあります。基本的には、市場や銘柄の価格が上昇傾向にある場合に使われる手法であり、将来大きく株価が上がった際に売却し、利益を確保するのが一般的な使い方です。

基本的には値上がりを期待する場合に使われるものの、単純に株を買いたいけれども現時点では資金が足りないという場合に使われることもあります。
投資の手段ではありますが、一種の借金なので、利用する場合には必ず保証金を用意しなければいけません。

基本的にはどの証券会社であっても、保証金の3倍程度の額まで借りることが可能となっています。信用買いを行った場合は、基本的には後に売却するので、まだ決済されていない株の残高を表す買い残には注意が必要です。

基本的には買い残の割合が多い程、将来的に売却される可能性が高いことから、株価がマイナスとなる傾向にあります。証券会社からお金を借りて株を購入するものの、売却もしくは返済により決済を行うことを前提としているので、利用者が株式を直接入手するわけではありません。株式は証券会社が保有することとなります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ