換金売りは資金を目的として株を売却すること

株式市場で活動を行っている個人、法人共に、資金が必要となることがあります。資金に問題がある場合には所有している株式を売却することも多く、換金売りはお金を目的として手持ちの株式の売却の際に使われる言葉です。

売るのが個人であろうと、法人であろうと同じく換金売りという言葉が使われますが、個人の場合は市場に影響を与えることはあまりありません。
しかし、法人の場合は市場に影響を与えるケースが多く、相場が下落することがしばしばあります。

基本的には、法人が資金を目的として保有している株式を売ることは少なく、逆に言えば株を売却しなければいけない程に追い詰められているという見方も可能です。その為に、法人により換金売りがあった場合には、その会社の株式が売られるという事態に発展することが多くあります。

市場に影響を与えるのは殆どが法人ですが、個人でも起こりうる事態であり、追い証が発生したら株式を売ることも珍しくありません。信用取引を行う場合、想定通りの動きをしている分には問題がありませんが、相場が予想外に下落するといった事態が発生すると、証券会社にお金を払う必要が出てくる場合があり、これは追い証と呼ばれています。

信用取引を行うならば必ず担保にあたるものを支払わなければならず、また担保の額と銘柄の評価は関係があるので、相場が下落してしまったら追加の担保を支払わなければいけません。追い証の際によく登場する言葉ですが、単純に株から撤退するといった場合にも使われます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ