シーズンストックとも呼ばれ、季節によって株価が変動しやすい季節銘柄

季節銘柄は、その名の通り季節によって株価が大きく変動しやすい銘柄です。シーズンストックとも呼ばれており、夏場になるとビールや清涼飲料水、アイスクリームなどの需要が高まるのは自然なこととなっています。これらの商品を取り扱っているメーカーは、夏の前から株価が上がる傾向にあり、季節銘柄と呼ばれることが多めです。

他にはエアコンを製造、販売する電機メーカー、夏物の衣服を取り扱っているアパレルメーカーも夏場にかけて株価が上がる傾向にあります。他にも季節により株価が上がりやすい会社は幾つもあり、冬場ならば暖房や、温かくなる素材を使った衣服を扱っているアパレルメーカーなどに注目が集まるでしょう。

春は新生活がスタートすることが多いので、引っ越し会社の株価が上がることが多くなっています。このように、季節で株価が大きく変動することがあり、現在、或いは近い将来に何が求められるのかを考えることは、株式の世界では欠かせません。

もちろん、何が求められているかという点のみに注目すると上手くいかないというケースも多くあります。夏場に欠かせないビールを例に挙げると、ビールを扱っているから必ず株価が上がるというわけではありません。

一社が独占している状態ならともかく、複数のメーカーが存在している場合には売上に差が出ます。その為、季節銘柄に属していても、売上が芳しくないといった理由で高騰しないことも珍しくありません。季節を意識するのは重要ですが、他の要素にも注意が必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ