子株は新株とも呼ばれ、新たに発行された株式を指す

上場している企業は、何らかの方法で株の数を増やすことがあります。株式分割を始めとして増資や株式交換、そして会社合併の時には新たに株を発行する場合も多く、この新しい株が子株です。新株と呼ばれることもあり、既存の株式は親株と呼ばれていますが、新しく作られたものと、元からあったもので違いは殆どありません。

株主優待を始めとした、各種の権利も付帯していますが、配当金に関しては異なる場合もあります。株を分割する場合、理論上は一株当たりの価値は下がってしまうものの、時価総額は変化しないのが特徴です。1株が1万円だった場合に1:2の比率で分割すると2株5千円となり、実際にはもっと細かく分割することもあります。

また、株主が所有している比率に合わせて新株が発行されるので、持分比率が変わらないのも特徴です。価値が下がるという言葉からはマイナスのイメージを連想しやすいですが、市場では必ずしもマイナスのことばかりではなく、安く買えるようになるというメリットもあります。

その為、あまりに株価が高騰していて、一般投資家がなかなか買えないというような状況が発生した場合には、株式分割により子株が発行されることもあるので、情報収集は欠かせません。

この子株を受け取る場合には、権利付き最終日までにその銘柄を所有しておく必要があります。権利が確定し、新たな株を入手することが出来る場合、親株の処理について困ることがあるかもしれませんが、親株を売却してしまっても権利はそのままです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ