証券取引所の午後の営業で、最初の取引を指している後場寄り

株式市場では、いつでも株の売買が行われているわけではなく、必ず取引の時間が定められています。午前中の取引のことは前場と呼ばれており、東京証券取引所の場合は9時から11時30分までの間を指す言葉です。

それに対して、12時30分から3時までの午後の取引のことは後場と呼ばれており、午前と同様に2時間半が取引の時間となっています。
そして、午前と午後で初めて行われた取引のことを寄り付けという言葉で示しており、後場の寄り付けが後場寄りです。

取引そのものを指すことが多いものの、その時の値段を指している場合もあるので、使い方には注意する必要があります。午前と午後にそれぞれ寄り付けが存在していますが、寄り付けという言葉が使われている場合は午前中を指すことが殆どであり、午後の場合は後場寄りと呼ぶのが普通です。

市場では午前と午後の間に休憩が存在しており、この休みの間にも注文を出すことが出来ます。基本的に、株式市場では時間優先の原則というものが存在しており、同じ銘柄、同じ量の注文があった場合には時間が優先され、早い注文が優先されるのが普通です。

しかし、休みの間に出された注文は、他と異なる性質を持っており、基本的には全て同じ時間帯の注文と見なされます。その為、優先順位が時間から価格に変わり、指値よりも成行の注文が優先され、売りの場合は安い値段、買いの場合は高い値段が優先となるので、後場寄りの際には気を付けなければいけません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ