毎週水曜日に発表されている、個別信用残高

市場では、空売り、空買いという手法が使われることも多く、まだ決済が行われていない売り残、買い残の数値は重要です。今後必ず売られる、或いは買われる株がどのくらいあるのかは重要な指針となり、銘柄毎の売り残、買い残の数を示しているのが個別信用残高となっています。

東京、大阪、名古屋の各証券取引所では、毎週水曜日に、前週の金曜日時点での個別信用残高を発表しており、祝日で証券取引所が休みの場合は木曜日発表です。買い残は空買いの決済が済んでいない株式であり、基本的には今後の値上がりに期待しているという表れとなっています。

売り残はその逆、空売りの決済が済んでいない株式なので、こちらが多いならば値下がりすることを期待している方が多いと読み取ることが可能です。しかし、この両者がどちらかに極端に偏っているということは少なく、バランスが取れているというケースも珍しくありません。

一般的には、売り残が多いと将来的には買い注文が増えるので株価が上がり、買い残が多いと売り注文が増えるので株価が下がりやすいとされています。

しかし、今後の株価がどのようになるか、その予想は投資家の方で違っており、株価が上昇している際に、これ以上は上がらないから売ると判断するか、更に値上がりを期待するかは異なり、個別信用残高の数字だけで全てを判断することは出来ません。あくまで投資家の傾向を表したものであり、抑えたいポイントではありますが、他の要素も重要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ